診療・治療にご家族としっかりお話をし大切にしていきます。

シンバ動物病院 | 掛川・袋井・森町 | 歯科 | 土曜日19時診療

 0537-64-3101

 〒436-0224静岡県掛川市富部650-7

 【診療時間】8:30~11:30 / 15:00~19:00

 【休診日】水曜午後/日曜/祝日

Draft


熱中症

熱中症とは 気温・湿度上昇で体温調節を行うことができなくなり、高熱状態となって身体に様々な悪影響を及ぼすことを総称していいます。 人と比べて犬猫は発汗による体温調節機能があまり発達していません。 気温が上昇する春先から秋口まで、特にこれからの季節は注意が必要です。 主な原因 暑い車内や締め切った室内での留守番 暑い時間帯の散歩、屋外で遊んだり興奮させる ポイント犬猫は体が地面に近いために、高温のアスファルトの影響を受けやすくなっています。 症状 熱中症の主な症状は、高体温、荒い呼吸、大量のよだれ、ふらつき ...

ReadMore


猫のおしっこの病気

猫下部尿路疾患(FLUTD)とは 特定の病名ではなく、猫の尿路感染症、尿石症、特発性膀胱炎などによる膀胱や尿道の病気全般をさします。 猫が罹患する代表的な病気の一つであり、どの年代の猫にもみられます。中でも特に多いのが、膀胱炎と尿石症で、同時に発症していることもよくあります。 猫下部尿路疾患(FLUTD)の症状 トイレに行く回数が増える、頻尿 頻繁にトイレに行くが少ししか排尿しない 排尿時に痛いのか鳴く 血尿が出る トイレ以外の場所で漏らしてしまう 尿が出ない など、原因により異なりますが、排泄に伴う様々 ...

ReadMore


狂犬病について

狂犬病について狂犬病は狂犬病ウイルスを原因とした感染症であり、人を含むすべての哺乳類に感染します。人が感染して発症した場合は有効な治療法もなく、致死率ほぼ100%の恐ろしい病気です。 原因狂犬病ウイルスの感染によって発症します。一般には感染した動物からの咬み傷などから唾液とともにウイルスが伝染することが多いのですが、口唇などの粘膜部を舐められた場合も感染の危険性が高いと言われています。人への感染例では犬の咬傷がもっとも多く報告されています。 体内に侵入したウイルスは、末梢神経から脊髄~脳に到達し、神経症状 ...

ReadMore


ノミ・ダニの予防について

かゆいだけではありません! 愛犬・愛猫に重大な病気を招く恐れがあります。予防が第一です! ノミ、ダニによる病気について詳しく見てみましょう! ノミの病気 ノミの被害 ノミアレルギーによる激しいかゆみで皮膚炎やストレスを示します。子犬や子猫の場合、大量に寄生されると貧血を起こす危険性もあります。     実際にノミが引き起こす病気 ノミアレルギー性皮膚炎ノミの吸血により、その唾液が体内に入ることで、アレルギー反応が起き、激しいかゆみや湿疹、脱毛などを伴う皮膚炎を示します。 瓜実条虫(サナ ...

ReadMore


愛犬・愛猫の下痢!対応や気を付けたいこと

わんちゃんやねこちゃんの下痢は、動物病院に来院される理由で上位にあげられます。 原因としては、体調の変化による一過性のものや、体に合わないものやおもちゃ・紐などの異物を食べたこと、ストレス、細菌・ウイルス・寄生虫感染によるもの、アレルギー、腸の腫瘍や疾患など様々です。下痢の程度が軽く、食欲元気がある場合は少し様子をみてもいいと思われます。 病院に連れていくポイントとしては、以下のようなことがあげられます。 下痢の回数や量が多い ゼリー状のものや血液が混じる 食欲、元気がない、ぐったりしている 発熱や嘔吐が ...

ReadMore


受けませんか?歯科検診

3歳以上のワンちゃんの80%以上が歯周病が患っています。 歯周病って何? 歯周病は”歯”の病気ではありません。 歯の支える顎全体が菌に侵され、重症化すると全身の病気へとつながる事もあります。早めの予防・治療のために検診を受けましょう。  簡単。歯周病チェック! 口臭 歯垢や歯石がついている よだれが多くなった、よだれに血が混ざることがある 口を触られるのを嫌がるなど、痛がるそぶりを見せる フードが食べにくそうだったり、口からこぼれ落ちることがある 歯がぐらぐらしている 1つでもチェックがついたら、当院にご ...

ReadMore

見出し(全角15文字)

 

診療時間
8:30~11:30
15:00~19:00

熱中症に要注意!!
熱中症に要注意!!
熱中症に要注意!!
熱中症に要注意!!
熱中症に要注意!!
熱中症に要注意!!
熱中症に要注意!!


2019/9/28

熱中症

熱中症とは 気温・湿度上昇で体温調節を行うことができなくなり、高熱状態となって身体に様々な悪影響を及ぼすことを総称していいます。 人と比べて犬猫は発汗による体温調節機能があまり発達していません。 気温が上昇する春先から秋口まで、特にこれからの季節は注意が必要です。 主な原因 暑い車内や締め切った室内での留守番 暑い時間帯の散歩、屋外で遊んだり興奮させる ポイント犬猫は体が地面に近いために、高温のアスファルトの影響を受けやすくなっています。 症状 熱中症の主な症状は、高体温、荒い呼吸、大量のよだれ、ふらつき ...

ReadMore


2019/9/1

猫のおしっこの病気

猫下部尿路疾患(FLUTD)とは 特定の病名ではなく、猫の尿路感染症、尿石症、特発性膀胱炎などによる膀胱や尿道の病気全般をさします。 猫が罹患する代表的な病気の一つであり、どの年代の猫にもみられます。中でも特に多いのが、膀胱炎と尿石症で、同時に発症していることもよくあります。 猫下部尿路疾患(FLUTD)の症状 トイレに行く回数が増える、頻尿 頻繁にトイレに行くが少ししか排尿しない 排尿時に痛いのか鳴く 血尿が出る トイレ以外の場所で漏らしてしまう 尿が出ない など、原因により異なりますが、排泄に伴う様々 ...

ReadMore


2019/7/30

狂犬病について

狂犬病について狂犬病は狂犬病ウイルスを原因とした感染症であり、人を含むすべての哺乳類に感染します。人が感染して発症した場合は有効な治療法もなく、致死率ほぼ100%の恐ろしい病気です。 原因狂犬病ウイルスの感染によって発症します。一般には感染した動物からの咬み傷などから唾液とともにウイルスが伝染することが多いのですが、口唇などの粘膜部を舐められた場合も感染の危険性が高いと言われています。人への感染例では犬の咬傷がもっとも多く報告されています。 体内に侵入したウイルスは、末梢神経から脊髄~脳に到達し、神経症状 ...

ReadMore


2019/7/30

ノミ・ダニの予防について

かゆいだけではありません! 愛犬・愛猫に重大な病気を招く恐れがあります。予防が第一です! ノミ、ダニによる病気について詳しく見てみましょう! ノミの病気 ノミの被害 ノミアレルギーによる激しいかゆみで皮膚炎やストレスを示します。子犬や子猫の場合、大量に寄生されると貧血を起こす危険性もあります。     実際にノミが引き起こす病気 ノミアレルギー性皮膚炎ノミの吸血により、その唾液が体内に入ることで、アレルギー反応が起き、激しいかゆみや湿疹、脱毛などを伴う皮膚炎を示します。 瓜実条虫(サナ ...

ReadMore


2019/7/30

愛犬・愛猫の下痢!対応や気を付けたいこと

わんちゃんやねこちゃんの下痢は、動物病院に来院される理由で上位にあげられます。 原因としては、体調の変化による一過性のものや、体に合わないものやおもちゃ・紐などの異物を食べたこと、ストレス、細菌・ウイルス・寄生虫感染によるもの、アレルギー、腸の腫瘍や疾患など様々です。下痢の程度が軽く、食欲元気がある場合は少し様子をみてもいいと思われます。 病院に連れていくポイントとしては、以下のようなことがあげられます。 下痢の回数や量が多い ゼリー状のものや血液が混じる 食欲、元気がない、ぐったりしている 発熱や嘔吐が ...

ReadMore


2019/7/30

受けませんか?歯科検診

3歳以上のワンちゃんの80%以上が歯周病が患っています。 歯周病って何? 歯周病は”歯”の病気ではありません。 歯の支える顎全体が菌に侵され、重症化すると全身の病気へとつながる事もあります。早めの予防・治療のために検診を受けましょう。  簡単。歯周病チェック! 口臭 歯垢や歯石がついている よだれが多くなった、よだれに血が混ざることがある 口を触られるのを嫌がるなど、痛がるそぶりを見せる フードが食べにくそうだったり、口からこぼれ落ちることがある 歯がぐらぐらしている 1つでもチェックがついたら、当院にご ...

ReadMore

ねこを守ろう。

Copyright© シンバ動物病院 | 掛川・袋井・森町 | 歯科 | 土曜日19時診療 , 2019 All Rights Reserved.